コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反ニュートリノ(読み)はんニュートリノ(英語表記)antinutrino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反ニュートリノ
はんニュートリノ
antinutrino

レプトンの1種であるニュートリノ反粒子反中性微子ともいう。反電子ニュートリノ,反ミューニュートリノ,反タウニュートリノの3種類がある。これらはともにレプトン数が-1,スピンは右巻きで運動の向きと一致する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐ニュートリノ【反ニュートリノ】

ニュートリノ反粒子レプトンに属し、電荷が零、スピン半整数(1/2)。弱い相互作用に関与し、電子μ粒子τ粒子と対になって現れる3種類のニュートリノ(電子ニュートリノμニュートリノτニュートリノ)に対して、それぞれ反電子ニュートリノ、反μニュートリノ反τニュートリノが存在する。電荷をもたないため、それ自身が反粒子と同一なマヨラナ粒子である可能性も指摘されており、岐阜県の神岡鉱山跡にある実験装置KamLAND(カムランド)において研究が進められている。反中性微子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反ニュートリノの関連情報