コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受図書人 じゅとしょにん

世界大百科事典 第2版の解説

じゅとしょにん【受図書人】

李氏朝鮮時代,朝鮮から通交貿易を許可する証としての銅印(図書)を受けた日本人。これによって,受図書船を派遣することができる。受図書人は,有力守護大名から九州探題,対馬島主とその一族,島内の有力者,倭寇からの転向者,その他九州・中国方面の豪族,商人にまで及び,渡航者の数は増加する傾向にあった。そこで朝鮮では図書発給数を制限し,とくに文引の制による渡航者の統制を強化した(図書・文引)。図書は,受図書人が死ねば原則としてこれを返納し,後継者に改給されたが,実際は受図書人の生前に別人が譲りうけ,長期にわたって使用される場合が多かった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の受図書人の言及

【日朝貿易】より

…貿易利潤の減少は,対馬島民の死活問題であり,宗氏は以後,復旧工作に全力をあげ,機会あるごとに派遣船数の増加につとめた。この過程で,島外の受図書人(実印を受けて渡航を許可された者),受職人の名義が対馬へ集中し,16世紀後半に至るころには,日朝貿易の利益を独占している状態であった。
[近世の貿易協定]
 日朝間に占めていた対馬の特殊権益は,文禄・慶長の役勃発によって断絶する。…

※「受図書人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

受図書人の関連キーワード壬申約条

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android