受図書人(読み)じゅとしょにん

世界大百科事典 第2版の解説

じゅとしょにん【受図書人】

李氏朝鮮時代,朝鮮から通交貿易を許可する証としての銅印(図書)を受けた日本人。これによって,受図書船を派遣することができる。受図書人は,有力守護大名から九州探題,対馬島主とその一族島内の有力者,倭寇からの転向者,その他九州・中国方面の豪族商人にまで及び,渡航者の数は増加する傾向にあった。そこで朝鮮では図書発給数を制限し,とくに文引の制による渡航者の統制を強化した(図書・文引)。図書は,受図書人が死ねば原則としてこれを返納し,後継者に改給されたが,実際は受図書人の生前別人が譲りうけ,長期にわたって使用される場合が多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の受図書人の言及

【日朝貿易】より

…貿易利潤の減少は,対馬島民の死活問題であり,宗氏は以後,復旧工作に全力をあげ,機会あるごとに派遣船数の増加につとめた。この過程で,島外の受図書人(実印を受けて渡航を許可された者),受職人の名義が対馬へ集中し,16世紀後半に至るころには,日朝貿易の利益を独占している状態であった。
[近世の貿易協定]
 日朝間に占めていた対馬の特殊権益は,文禄・慶長の役勃発によって断絶する。…

※「受図書人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android