コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口腔白板症 こうこうはくばんしょう oral leukoplakia

1件 の用語解説(口腔白板症の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうこうはくばんしょう【口腔白板症 oral leukoplakia】

医学的には〈こうくうはくばんしょう〉という。口腔粘膜に生ずる角化性白斑性病変で,WHO口腔前癌状態に関する調査委員会(1967)では,擦過によっても除去できない白斑で,他の診断可能な疾患に分類できないものと定義されている。口腔全域に生ずるが,歯肉,頰粘膜,舌に多い。男性は女性より多く,40歳以上が大半を占めている。色調,形,広がり方はさまざまで,白色,真珠色,灰白色,さらに紅斑を交えるものもあり,周囲の境界が鮮明なものや不鮮明なもの,表面は平滑であったり隆起し,粗造,しわ状,敷石状,乳頭状ないしいぼ状のものなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の口腔白板症の言及

【口腔白板症】より

…医学的には〈こうくうはくばんしょう〉という。口腔粘膜に生ずる角化性白斑性病変で,WHO口腔前癌状態に関する調査委員会(1967)では,擦過によっても除去できない白斑で,他の診断可能な疾患に分類できないものと定義されている。口腔全域に生ずるが,歯肉,頰粘膜,舌に多い。男性は女性より多く,40歳以上が大半を占めている。色調,形,広がり方はさまざまで,白色,真珠色,灰白色,さらに紅斑を交えるものもあり,周囲の境界が鮮明なものや不鮮明なもの,表面は平滑であったり隆起し,粗造,しわ状,敷石状,乳頭状ないしいぼ状のものなどがある。…

【口】より

…口腔の後方,最も奥のところは口狭といい,上方は軟口蓋,下方は舌根で,側面のへこみに口蓋扁桃(単に扁桃,俗に扁桃腺ともいう)があり,咽頭へとつながる。
[口腔の病気]
 口腔粘膜の病気にはアフタ,アフタ性口内炎,口腔白板症,口腔癌などがある。アフタは口の中の粘膜に生じる米粒大の潰瘍で,白色の薄い膜で中央部がおおわれ,周囲には発赤した部分がある。…

※「口腔白板症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

口腔白板症の関連キーワード狩野松伯航空医学空空漠漠広博生空衝迫蕭白空白の時板倉正伯尚白

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone