コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古地理学 こちりがくpaleogeography

翻訳|paleogeography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古地理学
こちりがく
paleogeography

地質時代における海陸の分布,地形,海岸,気候,生物などの分布を研究する学問分野。古地理ともいう。地層や岩石の分布や性質などから過去の時代の海岸線の位置や海陸分布を推定したり,化石によって当時の水温,気候,堆積環境を究明したりする。それらの結果を総合して地図に描いたものを古地理図といい,ある時代の古地理に基づいて行なった地域区分を古地理区分という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こちり‐がく【古地理学】

地層と化石を用いて古地理を研究する、地学の一分野。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の古地理学の言及

【古地理】より

…過去の地表の諸状況を復元した像(イメージ)を古地理といい,古地理について研究する学問を古地理学という。現在の地表の諸状況については地理学が扱う。…

※「古地理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

古地理学の関連キーワードパベル ステパーノフカルピンスキーステパーノフカンブリア紀旧石器時代歴史地理学古海流学地史学

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android