コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古地理 コチリ

5件 の用語解説(古地理の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐ちり【古地理】

推定される地質時代の地理。水陸分布・地形・生物分布など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古地理【こちり】

過去の地質時代における地理的状態を復元したもの。水陸分布,地形,植生,気候,海深,海流などを明らかにし,地表の景観を復元し,古地理図を作製する。古地理解明の手がかりとしては,化石生物群や堆積岩,地層の性質が有力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こちり【古地理 palaeogeography】

過去の地表の諸状況を復元した像(イメージ)を古地理といい,古地理について研究する学問を古地理学という。現在の地表の諸状況については地理学が扱う。したがって古地理は地質科学の一分野として位置づけられることが多い。なお混同しやすいものとして古地図があるが,これは地図の技法,歴史についての,むしろ社会・人文科学の分野で扱われる作品としての対象である。 古地理の基本となるのは,それを復元する材料であり,地勢,気候,動植物相などについて証拠を提供する資料を収集しなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こちり【古地理】

現在地表で見られる岩石や地層の分布、岩相・化石などから推定される地質時代の地理。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古地理
こちり

地質時代における地理。過去における海陸の分布や古地形をさす場合が多いが、ほかに古気候分布、古生物地理も含まれる。古地理を研究する分野を古地理学といい、堆積(たいせき)物の分布、種類、性質、構造と、動植物化石の分布、種構成、産出状況などから、堆積当時の海岸線の位置や地形の状態を推定する。また過去の大陸の相対的位置は、古生物地理や古地磁気の証拠から復原することができる。こうして得た証拠をもとに、ある期間のある地域の古地理は、大陸移動や断層による相対的位置の変化や海岸線の位置などを復原したのち、古地理図にまとめられ、古地理の移り変わりやその原因(たとえば過去のプレート運動などのプレートテクトニクス)が論じられることになる。[阿部勝巳・小澤智生]
『D・L・アイッカ―著、大森昌衛訳『地史学入門 地質時計』(1971・共立出版) ▽藤岡謙二郎他編『講座考古地理学 総論と研究法』(1982・学生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古地理の関連キーワードイメージアップイメージ管イメージダウンイメージアドイメージクラブイメージファイバーイメージ毎分イメージメントプラスイメージプロダクトイメージ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone