コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古地理 コチリ

5件 の用語解説(古地理の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐ちり【古地理】

推定される地質時代の地理。水陸分布・地形・生物分布など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

古地理【こちり】

過去の地質時代における地理的状態を復元したもの。水陸分布,地形,植生,気候,海深,海流などを明らかにし,地表の景観を復元し,古地理図を作製する。古地理解明の手がかりとしては,化石生物群や堆積岩,地層の性質が有力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こちり【古地理 palaeogeography】

過去の地表の諸状況を復元した像(イメージ)を古地理といい,古地理について研究する学問を古地理学という。現在の地表の諸状況については地理学が扱う。したがって古地理は地質科学の一分野として位置づけられることが多い。なお混同しやすいものとして古地図があるが,これは地図の技法,歴史についての,むしろ社会・人文科学の分野で扱われる作品としての対象である。 古地理の基本となるのは,それを復元する材料であり,地勢,気候,動植物相などについて証拠を提供する資料を収集しなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古地理
こちり

地質時代における地理。過去における海陸の分布や古地形をさす場合が多いが、ほかに古気候分布、古生物地理も含まれる。古地理を研究する分野を古地理学といい、堆積(たいせき)物の分布、種類、性質、構造と、動植物化石の分布、種構成、産出状況などから、堆積当時の海岸線の位置や地形の状態を推定する。また過去の大陸の相対的位置は、古生物地理や古地磁気の証拠から復原することができる。こうして得た証拠をもとに、ある期間のある地域の古地理は、大陸移動や断層による相対的位置の変化や海岸線の位置などを復原したのち、古地理図にまとめられ、古地理の移り変わりやその原因(たとえば過去のプレート運動などのプレートテクトニクス)が論じられることになる。[阿部勝巳・小澤智生]
『D・L・アイッカ―著、大森昌衛訳『地史学入門 地質時計』(1971・共立出版) ▽藤岡謙二郎他編『講座考古地理学 総論と研究法』(1982・学生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone