コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古暦 コレキ

デジタル大辞泉の解説

こ‐れき【古暦】

昔の。太陽暦以前の太陰暦など。

ふる‐ごよみ【古暦】

年の暮れが近づき、残り少なくなった暦。また、旧年の暦。 冬》「板壁や親の世からの―/一茶

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

これき【古暦】

昔の暦こよみ

ふるごよみ【古暦】

年末の、残りが少なくなった暦。また、前年の暦。 [季] 冬。 《 うか〱と年よる人や- /芭蕉 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古暦の関連キーワード徳川宗睦中根元圭小川清彦平山清次年の暮れ高井几董安住 敦吉田光由桃裕行森士行暦貼り安住敦暦注板壁坎日芭蕉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古暦の関連情報