古暦(読み)コレキ

デジタル大辞泉の解説

こ‐れき【古暦】

昔の。太陽暦以前の太陰暦など。

ふる‐ごよみ【古暦】

年の暮れが近づき、残り少なくなった暦。また、旧年の暦。 冬》「板壁や親の世からの―/一茶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

これき【古暦】

昔の暦こよみ

ふるごよみ【古暦】

年末の、残りが少なくなった暦。また、前年の暦。 [季] 冬。 《 うか〱と年よる人や- /芭蕉 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐れき【古暦】

〘名〙
① 昔、用いられた暦。〔落葉集(1598)〕〔隋書‐芸術伝・張胄玄〕
長暦(ちょうれき)のこと。古暦便覧。

ふる‐ごよみ【古暦】

〘名〙 (「ふるこよみ」とも) 暮れも近づき、使い古したその年の暦。また、役に立たなくなった旧年の暦。傷口にこれを当てればけががよくなるという俗説があった。《季・冬》 〔多識編(1631)〕
合巻・偐紫田舎源氏(1829‐42)初「旋風より恐ろしい、あの風で切られたら、古暦でも癒るまい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古暦の関連情報