コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古格 コカク

デジタル大辞泉の解説

こ‐かく【古格】

古くからの格式古来の方法。

ふる‐かく【古格】

[名・形動ナリ]古風であること。また、そのさま。昔風。
「古道具屋の―な、堅地の父の親の手を」〈浄・卯月の紅葉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こかく【古格】

昔のやり方。古くからの格式。古例。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古格の関連キーワード富士松 魯遊(5代目)井上 八千代(4代目)豊竹 古靭太夫(初代)坂東 三津代(2代目)豊竹古靭太夫(1世)市川段四郎(2代)井上八千代(4代)山本東次郎(2代)宝井馬琴(4世)中村時蔵(3世)橘旭宗(1世)宣教師追放令豊竹山城少掾中村吉右衛門川喜田半泥子演劇博物館山本東次郎井上 愛子鷺仁右衛門菊平 琴声

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android