古格(読み)こかく

精選版 日本国語大辞典「古格」の解説

こ‐かく【古格】

〘名〙 古くからの格式。また、古来の方法、形式。
※俳諧・青根が峯(1698)贈晉氏其角書「今日、諸生の為に古格(コカク)をあらためずといふとも」 〔盧仝‐寄贈含曦上人詩〕

ふる‐かく【古格】

〘名〙 (形動) 古風であること。旧式であること。また、そのさま。昔ふう。
※浄瑠璃・卯月の紅葉(1706頃)上「古道具屋のふるかくな、堅ぢの父の親の手を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「古格」の解説

こ‐かく【古格】

古くからの格式古来の方法。

ふる‐かく【古格】

[名・形動ナリ]古風であること。また、そのさま。昔風。
「古道具屋の―な、堅地の父の親の手を」〈浄・卯月の紅葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android