コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古沢平作 こざわ へいさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古沢平作 こざわ-へいさく

1897-1968 昭和時代の精神分析学者。
明治30年7月16日生まれ。昭和7年ウィーン精神分析研究所に留学,フロイトにまなぶ。早期母子関係に注目した「阿闍世(あじゃせ)コンプレクス」理論をとなえた。30年日本精神分析学会を創設し,初代会長。昭和43年10月5日死去。71歳。神奈川県出身。東北帝大卒。訳書にフロイト「続精神分析入門」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こざわへいさく【古沢平作】

1897‐1969(明治30‐昭和44)
精神分析学者。日本の精神分析の先駆者として,力動的な臨床精神医学の基礎をつくることに貢献した。厚木に生まれ,東北大学医学部を卒業し,同精神科の丸井清泰の下で助教授を務めた。丸井とともに精神分析を初めて日本に導入し,普及に努力,1932‐33年にかけてウィーンのフロイトのもとに留学し,ステルバR.Sterbaの教育分析とフェダーンの指導を受けた。フロイトのエディプス・コンプレクスが父子関係を重視するのに対し,早期母子関係に注目した独自の阿闍世(あじやせ)コンプレクスの理論を唱え,その論文をフロイトに提示したがあまり関心をひかなかったといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の古沢平作の言及

【阿闍世コンプレクス】より

…無意識心理に関する精神分析的概念。古沢(こざわ)平作によって提起された。1932年,彼はS.フロイトに《罪悪意識の二種》と題する論文を提出し,その中で〈エディプスの欲望の中心をなすものは,母に対する愛のために父を殺害するところにある。…

【精神分析】より

…アカデミズムの世界に精神分析学をはじめて導入したのは東北帝大教授であった丸井清泰(1886‐1953)であった。正統的精神分析療法を習得し,これを広めたのは,丸井の門下で,1年間ウィーン精神分析研究所に留学した古沢平作である。今日,精神分析学界における指導的立場にある多くの学者は,戦後ひとしく古沢の教育分析を受けた人々であり,近年独自の〈甘え〉理論を提唱した土居健郎もその一人である。…

※「古沢平作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古沢平作の関連キーワードエディプス・コンプレクス阿闍世コンプレックス小此木啓吾昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android