コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀峯一 こがみねいち

2件 の用語解説(古賀峯一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古賀峯一
こがみねいち

[生]1885.4.25. 佐賀
[没]1944.3.31? フィリピン
海軍軍人。 1906年海軍兵学校,12年海軍大学校卒業。フランス大使館付き武官,練習艦隊司令官,軍令部次長,第2艦隊司令長官,支那方面艦隊司令長官,横須賀鎮守府長官などを歴任。 43年5月,山本五十六大将の戦死のあとをうけて連合艦隊司令官。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀峯一 こが-みねいち

1885-1944 明治-昭和時代前期の軍人。
明治18年4月25日生まれ。海軍大学校教官などをつとめ,青葉,伊勢の艦長を歴任。太平洋戦争中,支那方面艦隊司令長官,横須賀鎮守府司令長官などをへて,昭和18年戦死した山本五十六(いそろく)の後任として連合艦隊司令長官に就任。昭和19年3月31日移動中に飛行機が墜落,殉職した。60歳。没後に元帥。佐賀県出身。海軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古賀峯一の関連キーワード池田平作亀田豊治朗伍賀満財津愛象谷洗馬鳥居清種(2代)中村寛澄林仙之福永尊介渡辺七郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古賀峯一の関連情報