コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛行艇 ひこうていseaplane; flying boat

6件 の用語解説(飛行艇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛行艇
ひこうてい
seaplane; flying boat

水上機の一種で,艇体型の胴体で水面に浮かび,滑走して発着できる飛行機。艇体下面は,船のようにキールおよびチャイン呼ばれる稜線が縦方向に走り,離水時の水切れをよくするためにステップと呼ばれる段を重心のやや後方にもつ形状になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひこう‐てい〔ヒカウ‐〕【飛行艇】

水上飛行機の一。水面に発着できるように胴体が舟形になっているもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

飛行艇【ひこうてい】

水上に発着する飛行機のうち,胴体をそのまま艇体として利用する形式のもの。1912年米国のG.カーティスによって初めて作られた。着陸装置や滑走路の制約がないため,かつては大型長距離機に適した形式として広く使われた。
→関連項目水上機水陸両用機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひこうてい【飛行艇 flying boat】

水上に発着する飛行機のうちで,胴体を直接水につけて浮くもの。飛行艇の胴体は艇体と呼ばれ,水密構造に作られていて,下面はモーターボートの底と似た形をしている。これで水上を滑走して離水や着水をする。その際に上がる水しぶきからエンジンや翼を保護するため,主翼を高翼式に艇体の上に取り付け,尾翼も高い位置に置き,艇体は陸上機の胴体に比べると高さが高いのが外観上の特色となっている。また水上で横に倒れるのを防ぐため,翼端近くに補助フロート(小型の舟形のうき)をつけたものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひこうてい【飛行艇】

胴体が船のようになっていて、水面で離着水できるようにした飛行機。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛行艇
ひこうてい
flying boat

水面に発着するように設備された飛行機。普通の水上機と異なり、乗員・乗客・諸装備などを収める胴体部分を舟形にしてある。広い静かな水面があれば、広大な滑走路を必要とせず発着できるので、一時期第二次世界大戦の初期、1935年から40年ごろ)、長距離用の大型機は飛行艇に限られていた。しかし、(1)胴体が舟形なうえに、エンジンを水面から離して取り付けなければならず、そのため機体の空気抵抗が大きくなる、(2)離水するとき水の抵抗に打ち勝つために強力なエンジンを必要とすることなどで経済性が劣る、(3)水に浮くため胴体内に防水区画を設ける必要があり、そのために搭載量が少なくなる、(4)海面を利用すると海水による機体の腐食が激しく、機体の寿命が短い、(5)計器着陸などの着陸誘導施設の設置が困難で、また技術的に水面への発着の際の操縦がむずかしい、など飛行機として不利な面が多く、陸上機の性能が向上したうえ、飛行場の建設技術が発達した現在では、ごく特殊の目的(救難、哨戒(しょうかい)、レジャー)以外には使われていない。日本は飛行艇に関して世界有数の技術をもっており、大戦中は二式大艇、戦後はPS-1などの高性能の飛行艇を生産してきた。現在海上自衛隊ではUS-1A、US-2を救難機として使用している。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛行艇の関連情報