(読み)キョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

さけび【叫】

〘名〙 (動詞「さけぶ(叫)」の連用形の名詞化)
① 叫ぶこと。大声をあげること。また、その声。叫び声。擬人的に、物が出す音にいう場合もある。
※天草本伊曾保(1593)蛙と鼠の事「ソノ タタカイト saqebino(サケビノ) ヲトワ コトモ ギョウサンニ アッタ」
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉二「鉄製のわが万寿丸も、この苦悶には堪へかねて、断末魔の叫びを挙げる」
② (比喩的に) ある事柄に関する強い主張や要望。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

叫の関連情報