コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召(し)使い メシツカイ

デジタル大辞泉の解説

めし‐つかい〔‐つかひ〕【召(し)使い】

雑用をする奉公人。下男・下女など。
禁中で召し使われた身分の低い官人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

召(し)使いの関連キーワード福の神(アリストファネスの喜劇)手の奴足の乗り物令嬢ジュリーページボーイサーバントブリゲーラ炎のエマ太郎冠者後藤光祐錬金術師参軍戯魚玄機宿預け奉公人下部屋童部間人下人冠者金剛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android