召(し)使い(読み)メシツカイ

デジタル大辞泉の解説

めし‐つかい〔‐つかひ〕【召(し)使い】

雑用をする奉公人。下男・下女など。
禁中で召し使われた身分の低い官人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android