コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召放(読み)めしはなち

世界大百科事典 第2版の解説

めしはなち【召放】

鎌倉時代以降,おもに武士に対して行われた刑罰の一種。鎌倉幕府法では,召放はもっぱら所領(所帯)の没収を意味し,所領を召す,あるいは収公,改易とも称せられた。鎌倉時代には武士の所職と所領は不可分の関係にあり,所領の没収は武士に対する刑の根幹として広く行われた。御成敗式目ならびに追加法には,所領の没収を科した罪は多い。例えば御成敗式目では,殴人の科について,〈侍においては所帯を没収せらるべし,所領なくば流罪に処すべし,郎従以下に至ってはその身を召禁ぜしむべし〉と定め,また謀書(文書偽造)の罪科について,〈侍においては所領を没収せらるべし,所帯なくば遠流(おんる)に処すべきなり,凡下(ぼんげ)の輩は火印をその面に捺せらるべきなり〉と定めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android