可変コンデンサー(読み)カヘンコンデンサー

世界大百科事典 第2版の解説

かへんコンデンサー【可変コンデンサー variable condenser】

静電容量が変えられるコンデンサーのことで,バリアブルコンデンサーまたは略してバリコンともいう。それぞれ扇形の電極対の一方を回転することによって電極対向面積を変える構造のものがもっとも多い。誘電体として空気,酸化チタン系セラミックス,ポリエチレンなどのプラスチックフィルムが用いられる。誘電体を空気とした空気可変コンデンサーは静電容量(通常500pF以下)の必要上,多数の電極板を重ねた構造をもち,用途によっては回転角と静電容量との関係を曲線的とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かへんコンデンサー【可変コンデンサー】

静電容量を変えられるコンデンサー。向かい合った電極の面積や電極間の距離を変えることにより容量を加減する。無線通信機・ラジオの同調部などに用いる。可変蓄電器。バリコン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

可変コンデンサー
かへんこんでんさー

キャパシタンス(静電容量)を変えるコンデンサー(蓄電器)の一種。高周波回路に使用し、バリコン(variable condenserの略称)ともいう。容量は20~30ピコファラドから500ピコファラドの範囲で、この値を自由に変えられる。
 2個の羽根板(電極)を間隔を置いて向かい合わせて置き、一方を回転させて向かい合った電極面積を変化させると、静電容量が変わる構造になっている。羽根板の形により、回転角度に対して、(1)静電容量が直線的に変化する容量直線形、(2)共振波長が直線的に変化する波長直線形、(3)共振周波数が直線的に変化する周波数直線形、などに分かれる。羽根板にはアルミニウム板、回転軸には真鍮(しんちゅう)、絶縁物にはベークライト、ポリスチロールなどが用いられ、絶縁物の良否が性能に影響する。羽根板の間隔は、直流1000ボルト当り1ミリメートル程度に設計されたものが多い。電極間の放電を防ぐため、真空容器の中に収めたり、窒素、炭酸ガスなどの不活性ガスを数気圧に圧縮して封入したものがあり、無線送信機などの大電力用に適している。
 一方、低圧、小型のものとして、銀電極をつけたチタン酸系セラミックスを用い、電極面積を変える磁器可変コンデンサーや、厚さ20~60マイクロメートルのポリエチレンフィルムを電極に接着させたプラスチックフィルム可変コンデンサーがあり、ポータブルラジオの選局部に用いられている。[吹野 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android