コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台湾大地震 タイワンダイジシン

3件 の用語解説(台湾大地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいわん‐だいじしん〔‐ダイヂシン〕【台湾大地震】

1999年9月21日、台湾中部南投県集集(チチ)付近を震源として発生したマグニチュード7.7の地震。死者約2000人、全壊建物約1万棟の被害があった。現地では集集地震呼ばれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

台湾大地震

99年9月21日未明の、台湾中部を震源とするマグニチュード7級の地震。死者約2400人、全壊約5万1千戸。

(2009-09-22 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台湾大地震
たいわんだいじしん

1999年9月21日1時47分(日本時間2時47分)ごろ、台湾中部南投県集集(チチ)付近(北緯23.8度、東経121.0度)を震源として発生した表面波マグニチュード(MS)およびモーメントマグニチュード(MW)7.7の大きな地震。集集地震ともよばれている。この地震により、約2400人の死者を出した。台湾は、ユーラシアプレートとフィリピン海プレートが衝突している所で、ユーラシアプレートの東縁に位置している。これら二つのプレートの境界にあたる台湾東方沖は地震活動の活発な所で、多くの地震が発生している。フィリピン海プレートがほぼ北西方向に動いているため、台湾には東西圧縮の力が加わり、内陸部にはほぼ北北東―南南西走向の多くの活断層が存在し、やや大きい地震もときどき発生する。20世紀だけをみても、1906年の嘉義(かぎ/チヤイー)地震(M6.8)では死者約1000人の被害があり、1935年の苗栗(びょうりつ/ミヤオリー)地震(M7.1)では死者約3000人におよぶ大きな被害があった。これらの地震では、いずれも地表に地震断層が現れている。1999年の地震でも、ほぼ南北方向に長さ約60キロメートルにわたって地表地震断層が現れた。断層は東側が西側に乗り上げている逆断層で、上下方向の断層のずれは大きい所で4~8メートルにおよび、断層上の建物は多くが倒壊した。地震記録の解析から、この地震では破壊が震源から北方に伝播(でんぱ)したという結果が報告されている。このため、南投県の北に位置する台中県や苗栗県、台中市などで建物全半壊などの被害が相対的に大きくなったと思われる。[長宗留男・山下輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台湾大地震の関連キーワード服部南郭松島湾延宝寛文国民の祝日貞享長禄天和彰化台湾集集大震災

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

台湾大地震の関連情報