コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震断層 じしんだんそう earthquake fault

7件 の用語解説(地震断層の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震断層
じしんだんそう
earthquake fault

地震によって地表に出現した断層。大きな地震が比較的浅い場所で発生した場合に生じることが多い。既存の断層が地震と同時にずれを起こす場合が多く,その地震によって新たに地盤に割れ目が入り,ずれが生じることは少ない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

地震断層

震源の浅い大地震では数kmから数百kmもの断層が地表に現れることがあり、地震断層呼ばれる。地震の直接原因である断層のずれが地表に及んだものが多い。地震の影響で2次的に動いた断層もある。大半の地震断層は、既存の活断層が再びずれ動いたものと考えられる。地割れは、地震断層に伴うものもあるが、多くは強い地震動による表土層の地滑り盛り土の亀裂など、岩盤には達しない表層現象である。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じしん‐だんそう〔ヂシン‐〕【地震断層】

地震に伴って生じた断層濃尾地震による根尾谷断層北伊豆地震による丹那断層兵庫県南部地震による野島断層など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

地震断層【じしんだんそう】

地震発生の際それに伴って動く断層。地震の発生に深く関係したものと二次的に土地の変形によって生じたものとある。前者ではときに数km〜数百kmの直線状の断層が現れ,上下および水平方向の食い違いが数mに及ぶものもある。
→関連項目断層

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じしんだんそう【地震断層】

地震のときに地表に変位(食違い)の現れた記録のある断層をいう。ふつう地盤の良否には関係なく連続的に現れるもので,軟弱な地盤や斜面にだけ見られる地割れや陥没などは,地震断層とはいわない。垂直変位の大きな地震断層は,しばしば断層崖をつくる。横ずれの変位が卓越すると,道路や畑のうねなどを屈曲させるほか,断層自体の一般方向とは斜交して規則的に並んだ亀裂群として現れることも多い。変位が小さかったり,軟らかい地層が厚いところでは,緩やかな地表のたわみとして見られたり,なかには地震後の測量ではじめて変位したことのわかった例(福井断層)もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じしんだんそう【地震断層】

大地震に伴って地表面に現れた断層。濃尾地震による根尾谷断層(岐阜県西部根尾川沿い)など。 → 活断層

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地震断層
じしんだんそう

地震に伴って地表に現れた断層のこと。地震は地下で断層がずれ動いて発生するが、地震断層の大部分は、その断層(震源断層という)の一部が地表まで達したものである。そのほか、大地震の振動や地下でのずれのために地表付近の岩盤に二次的に生じた断層もある。後者は一般に小規模である。
 概して地震の規模が大きいほど、地震断層の長さやずれの量が大きい。日本の内陸の地震の場合、地震断層は地震がマグニチュード7~8のときに出現し、その長さは20~80キロメートル、ずれの量は1~8メートルくらいである。
 明治以降の大地震で出現した顕著な地震断層としては、根尾谷(ねおだに)断層(濃尾(のうび)地震、1891年)、千屋(せんや)断層(陸羽(りくう)地震、1896年)、郷村(ごうむら)断層(北丹後地震、1927年)、丹那(たんな)断層(北伊豆地震、1930年)、鹿野(しかの)断層(鳥取地震、1943年)、深溝(ふこうず)断層(三河地震、1945年)、石廊崎(いろうざき)断層(伊豆半島沖地震、1974年)、野島断層(兵庫県南部地震、1995年)などがある。[松田時彦]
『佐藤良輔編著『日本の地震断層パラメター・ハンドブック』(1989・鹿島出版会) ▽中田高・岡田篤正編『野島断層――写真と解説 兵庫県南部地震の地震断層』(1999・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の地震断層の言及

【活断層】より

…それまで断層とは,過去の地質時代に岩石がずれ動いたことを示す単なる痕跡と考えられていたのが,このとき,断層のなかには現在もまだ活動をやめていないもの,したがって将来にも活動するかもしれないものもある,という考え方が生まれた。このように,活断層という概念は,もともとはサン・アンドレアス断層や根尾谷断層のような地震断層から導かれたのであるが,これと同様な特徴をもつ地質学的にはごく若い時代まで活動をした断層は,地震の際に動いたという記録はなくても,将来活動する可能性があると考えるようになった。もちろん,地殻中に見られる大小無数の断層のうち,活断層はそのごく一部であって,他の大部分は過去の地質時代に活動を終えている。…

【断層】より

…(3)活動の状態による分類 断層のうち地質学的に最近の時代(おおむね第四紀後期)に繰り返し活動し,今後も活動する可能性のある断層を活断層といい,地震予知のうえで注目されている。断層が特定の地震に伴って活動したことが明らかな場合,その断層を地震断層という。1930年の北伊豆地震で活動した丹那断層や1891年の濃尾地震で活動した根尾谷断層などがその例である。…

※「地震断層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地震断層の関連キーワード食違い軸歯車断層地形地割れ食い違い・食違い食い違い軸歯車・食違い軸歯車地震の間根尾谷断層食違いグーテンベルク‐リヒターの式アスペリティ プレート(岩板)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地震断層の関連情報