コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叶崎 かなえざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

叶崎
かなえざき

高知県南西部,土佐清水市の南西端にある岬。足摺岬大堂海岸とのほぼ中間にある。先端部に灯台が立つ眺望の開けた景勝地で,足摺宇和海国立公園に属する。付近の海岸は古くは桃色サンゴの産地として知られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

叶崎
かなえざき

高知県南西部、土佐清水(とさしみず)市の西端に位置する岬。山地が海に迫り、海食崖(がい)、岩礁(がんしょう)に白波が砕ける男性的な岩石海岸で、ウバメガシが生育する。竜串(たつくし)から大堂(おおどう)海岸に至る中間地点で、足摺(あしずり)岬、千尋(ちひろ)岬、沖の島が遠望でき、1911年(明治44)設置の灯台がある。足摺宇和海(うわかい)国立公園の一部。[正木久仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

叶崎の関連キーワードウバメガシ廣陵王璽渭南海岸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android