コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大堂海岸 おおどうかいがん

3件 の用語解説(大堂海岸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大堂海岸
おおどうかいがん

高知県南西端,大月町南西部の海岸。 50mをこえる海食断崖が連なり,浅碆崎西方には観音岩の奇勝などがある。断崖上はツバキ,ヤブニッケイ,タブの自然林におおわれ,野鳥,昆虫類も多い。足摺宇和海国立公園の一中心。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕大堂海岸(おおどうかいがん)


高知県南西部、大月(おおつき)町西部の断崖(だんがい)海岸。高さ50~100mに及ぶ花崗(かこう)岩の海食崖(かいしょくがい)が約8km続き、足摺(あしずり)岬に匹敵する雄大な景観を呈する。ウバメガシ・タブノキなどの天然林が残り、自然休養林に指定。お猿公園があり、全域が足摺宇和海(うわかい)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大堂海岸
おおどうかいがん

高知県南西部、幡多(はた)郡大月町の海岸。高さ100メートルに及ぶ花崗(かこう)岩の海食断崖(だんがい)が続き、クロマツの疎林やウバメガシ、トベラなどの暖帯灌木(かんぼく)林の自然林(自然休養林指定)が分布する足摺(あしずり)宇和海国立公園地域の景勝地の一つ。一帯は湾入も少なく、水流に恵まれないので集落は発達せず、自然がよく保存されている。定期バスの運行する道路も整備され、観光には便利になった。[大脇保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大堂海岸の関連キーワード大月大槻大月エコロジーキャンプ場新潟県南魚沼市下大月山梨県大月市大月山梨県大月市大月町大月高知県南国市大そね乙高知県高知市大津乙高知県幡多郡大月町高知県幡多郡

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone