コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(い)服/間服(読み)アイフク

デジタル大辞泉の解説

あい‐ふく〔あひ‐〕【合(い)服/間服】

寒暑の間に着る服の意》春・秋の季節に着る衣服。合い着。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合服
あいふく

日本でいう「合い」、すなわち夏と冬の間の季節に着る服のこと。四季がはっきりしている日本特有の呼び方である。合着(あいぎ)、間着(あいぎ)ともいう。素材は木綿、絹、毛、合繊などほとんどのものを用い、薄すぎず、厚すぎず、着心地のよいものであれば、デザインや色などの面で、大きな制約は受けない。冷暖房が普及した現在の暮らしのなかでは、本来の冬服、夏服を着用する時期は短くなり、合服の活躍期間が長くなっている。室内が暖房されている冬は、外套(がいとう)が暖かいものであれば、内側の服は軽くて活動的な薄手の合服でよく、また、冷房が完備した夏の室内では、いわゆる夏服でなくても過ごせるようになってきたわけである。とくに紳士服の場合は、冬物の総裏の背広が重くて活動しにくいため、半裏仕立ての合服が好まれる傾向にある。婦人服は、アンサンブルのように、組合せや、袖丈(そでたけ)、素材などを広く選択できる。[浦上信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android