コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(い)服/間服 アイフク

2件 の用語解説(合(い)服/間服の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あい‐ふく〔あひ‐〕【合(い)服/間服】

《寒暑の間に着る服の意》春・秋の季節に着る衣服。合い着。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合服
あいふく

日本でいう「合い」、すなわち夏と冬の間の季節に着る服のこと。四季がはっきりしている日本特有の呼び方である。合着(あいぎ)、間着(あいぎ)ともいう。素材は木綿、絹、毛、合繊などほとんどのものを用い、薄すぎず、厚すぎず、着心地のよいものであれば、デザインや色などの面で、大きな制約は受けない。冷暖房が普及した現在の暮らしのなかでは、本来の冬服、夏服を着用する時期は短くなり、合服の活躍期間が長くなっている。室内が暖房されている冬は、外套(がいとう)が暖かいものであれば、内側の服は軽くて活動的な薄手の合服でよく、また、冷房が完備した夏の室内では、いわゆる夏服でなくても過ごせるようになってきたわけである。とくに紳士服の場合は、冬物の総裏の背広が重くて活動しにくいため、半裏仕立ての合服が好まれる傾向にある。婦人服は、アンサンブルのように、組合せや、袖丈(そでたけ)、素材などを広く選択できる。[浦上信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合(い)服/間服の関連キーワード季節変動恩に着る笠に着る季節労働甲に着るスリーシーズンコート中着アフターダーク上着

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone