コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備田狭 きびのたさ

3件 の用語解説(吉備田狭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉備田狭
きびのたさ

古代 (5世紀頃) の吉備地方の豪族。任那国司に任じられたが,雄略天皇に妻稚媛を奪われたことを憎み,新羅に走った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きびのたさ【吉備田狭】

5世紀後半の豪族。生没年不詳。吉備上道(かみつみち)田狭ともいう。《日本書紀》雄略7年是歳条に宮廷で田狭が妻の稚媛(わかひめ)を自慢するのを聞いた雄略天皇は,田狭を任那国司に任じ稚媛を奪ったとある。それを知った田狭は任那を離れて新羅に入る。雄略は田狭の子の弟君らに命じて新羅を討とうとするが,弟君は百済にとどまった。田狭は弟君に使を送りともに雄略に対抗しようとするが果たせなかった。弟君に関する記述に混乱があり,正確なことは不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉備田狭
きびのたさ

生没年不詳。古代5世紀ごろの吉備地方の豪族。正しくは吉備上道臣(かみつみちのおみ)田狭。『日本書紀』雄略(ゆうりゃく)天皇7年是歳条にみえる。宮廷で田狭が妻の稚媛(わかひめ)が絶世の美女であるのを自慢しているのを聞いた雄略は、田狭を任那(みまな)国司に任じて朝鮮に送り、その留守に稚媛を奪った。これを知った田狭は新羅(しらぎ)に入り新羅とともに雄略に敵対する。これに対して雄略は、田狭と稚媛の子の弟君(おとぎみ)を吉備海部直赤尾(きびのあまべのあたいあかお)とともに朝鮮に派遣し、新羅の侵略と百済(くだら)の技術者を連れ帰ることを命じた。弟君が朝鮮にきたことを知った田狭は、使を送って、自分は任那を、弟君は百済に拠(よ)って雄略に対抗することを勧めたが、結局は果たさなかったという。この所伝には各種の説話の混入や異説もあり信憑(しんぴょう)性は薄い。[吉田 晶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉備田狭の言及

【吉備氏の反乱】より

…《日本書紀》に3種の伝承を載せている。雄略7年8月条では,吉備下道前津屋(さきつや)が宮廷に宦者(とねり)として仕えていた弓削部虚空(おおそら)を帰郷時に留使したが,雄略天皇によって召還される。前津屋が大女や大雄鶏を自分に,小女や小禿雄鶏を雄略に見立てて戦わせ,雄略の側が勝つとこれを殺しているのを虚空から聞いた雄略は,物部30人をして一族70人を誅滅した。雄略7年是歳条では,吉備上道田狭(たさ)が宮廷で妻の稚媛(わかひめ)を自慢するのを聞いた雄略は,田狭を任那国司に派遣して稚媛を奪った。…

※「吉備田狭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone