コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備氏の反乱 きびうじのはんらん

世界大百科事典 第2版の解説

きびうじのはんらん【吉備氏の反乱】

《日本書紀》に3種の伝承を載せている。雄略7年8月条では,吉備下道前津屋(さきつや)が宮廷に宦者(とねり)として仕えていた弓削部虚空(おおそら)を帰郷時に留使したが,雄略天皇によって召還される。前津屋が大女や大雄鶏を自分に,小女や小禿雄鶏を雄略に見立てて戦わせ,雄略の側が勝つとこれを殺しているのを虚空から聞いた雄略は,物部30人をして一族70人を誅滅した。雄略7年是歳条では,吉備上道田狭(たさ)が宮廷で妻の稚媛(わかひめ)を自慢するのを聞いた雄略は,田狭を任那国司に派遣して稚媛を奪った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉備氏の反乱
きびうじのはんらん

『日本書紀』に3種の反乱伝承があり、大化前代の吉備勢力が近畿勢力と並ぶ有力な位置を占めていたことを示す。雄略(ゆうりゃく)天皇7年8月条では、吉備下道臣前津屋(きびのしもつみちのおみさきつや)が、大女や大雄鶏を自分に、小女や小禿雄鶏を雄略に見立てて戦わせ、雄略に見立てた側が勝つと殺しているのを雄略が聞き、物部(もののべ)30人を遣わして前津屋一族70人を誅滅(ちゅうめつ)したとある。雄略天皇7年是歳条では、吉備上道臣田狭(きびのかみつみちのおみたさ)が宮廷で妻の稚媛(わかひめ)の美しいことを自慢するのを聞いた雄略は、田狭を任那(みまな)国司に派遣して稚媛を奪った。これを知った田狭は新羅(しらぎ)と結んで雄略に対抗しようとしたが、結局は果たさなかった。清寧(せいねい)天皇即位前紀では、雄略の死後、稚媛がその子の星川(ほしかわ)皇子を大王にしようとして大蔵(おおくら)を占領するが、大伴室屋(おおとものむろや)らによって殺され、星川を応援しようとした上道氏が軍船40艘(そう)を送るがまにあわず、かえってその所有する山部(やまべ)を奪われた、とある。[吉田 晶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉備氏の反乱の関連キーワード吉備国

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android