コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備氏 きびうじ

3件 の用語解説(吉備氏の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

吉備氏【きびうじ】

吉備の古代豪族。孝霊(こうれい)天皇の皇子より出ると伝える。瀬戸内の要衝をおさえ,大和朝廷と対抗した。のち下道(しもつみち)・上道(かみつみち)氏などに分かれるが,大和朝廷への帰属時期は不詳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きびうじ【吉備氏】

古代の吉備の豪族。《古事記》《日本書紀》の伝承によれば,景行(天皇)の妃となり日本武(やまとたける)を生んだ播磨稲日大娘は同氏の出身で,日本武とともに蝦夷遠征に功のあった吉備武彦の娘は日本武の妃となり,吉備武彦の子の鴨別は仲哀(天皇)の熊襲征討に功があり,応神(天皇)の妃の兄媛や仁徳(天皇)の妃の黒媛も吉備氏の出身という。これらを通じて,大王家に女を入れて婚姻関係を結び,その軍事行動に参加するという形で,大王勢力と結合関係にあったことが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉備氏
きびうじ

古代吉備地域(岡山県と広島県東部)の支配氏族で、5世紀代に巨大古墳を造営した主体と考えられ、ヤマトの大王(だいおう)家と並ぶほどの勢力をもった。『日本書紀』に3種の反乱伝承があり、いずれも王権簒奪(さんだつ)の志向性をもつ特徴がある。6世紀以降はヤマトの支配下に組み込まれ、分氏した上道臣(かみつみちのおみ)、三野臣(みののおみ)、賀夜臣(かやのおみ)、下道臣(しもつみちのおみ)、笠臣(かさのおみ)らは国造(くにのみやつこ)に任じられ、また中央にあって貴族として活躍するものもいた。吉備真備(きびのまきび)はとくに有名。氏族系譜としては『日本書紀』孝霊天皇(こうれいてんのう)2年条、同応神天皇(おうじんてんのう)22年条、『古事記』孝霊天皇段と3種のものがあり、それぞれに特色があるが、四道将軍(しどうしょうぐん)伝承との関係から吉備津彦(きびつひこ)を始祖とするものや、各有力氏の関係を兄弟関係で語るものなどがある。[吉田 晶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉備氏の言及

【和気氏】より

…吉備(岡山県)の東部,備前・美作を基盤とする地方豪族。古代日本において,5,6世紀ごろの吉備一帯を代表したのは吉備氏(きびうじ)で,備中を中心とし旭川,高梁(たかはし)川の流域に上道臣(かみつみちのおみ),下道臣(しもつみちのおみ)など5氏が分布していたが,その後,吉井川の流域に台頭したのが和気氏であると思われる。和気氏の祖先伝承は,吉備氏のように《古事記》《日本書紀》には記されず,《日本後紀》の和気清麻呂の没時の伝にはじめて登場する。…

※「吉備氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉備氏の関連キーワード海部旧辞記紀神典古訓古事記三部本書吉備兄彦皇子吉備御友別吉備山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone