吉利支丹物語(読み)きりしたんものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉利支丹物語
きりしたんものがたり

著者不詳。2巻。寛永 16 (1639) 年成立。キリシタンに関し,その伝来から始めて,信長の保護,安土宗論,秀吉の処置,宗門禁止など,天草の乱 (→島原の乱 ) にいたる事跡を 12項目に分けて,かな交じり文で記述してある。『続々群書類従』『吉利支丹文庫』『海表叢書』『日本思想闘諍史料』などに所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キリシタンものがたり【吉利支丹物語】

1639年(寛永16)京都で出版された排耶書。作者不詳。上下2巻。弘治年間(1555‐58)のキリスト教の伝来,キリスト教と仏教との宗論,キリスト教への迫害,天草・島原の乱などを虚実とり混ぜて記したもので,幕府の鎖国政策を正当化し,キリスト教邪宗門観を民衆に広める立場で書かれている。65年(寛文5)《吉利支丹退治物語》として再版された。《続々群書類従》所収。【岸野 久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android