コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川国経 きっかわ くにつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川国経 きっかわ-くにつね

1443-1531 室町-戦国時代の武将。
嘉吉(かきつ)3年生まれ。吉川経基(つねもと)の長男。安芸(あき)(広島県)山県郡大朝(おおあさ)の国衆(くにしゅう)。永正(えいしょう)8年管領代大内義興(よしおき)の配下として船岡山の戦いにくわわる。のち出雲(いずも)守護代尼子氏方に転じ,長男元経(もとつね)とともに,吉川家と重縁関係にある毛利氏を尼子氏にむすびつけようとつとめた。享禄(きょうろく)4年4月18日死去。89歳。通称は次郎三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉川国経の関連キーワード小早川隆景毛利隆元吉川元経吉川元春妙玖

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android