コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川国経 きっかわ くにつね

1件 の用語解説(吉川国経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川国経 きっかわ-くにつね

1443-1531 室町-戦国時代の武将。
嘉吉(かきつ)3年生まれ。吉川経基(つねもと)の長男。安芸(あき)(広島県)山県郡大朝(おおあさ)の国衆(くにしゅう)。永正(えいしょう)8年管領代大内義興(よしおき)の配下として船岡山の戦いにくわわる。のち出雲(いずも)守護代の尼子氏方に転じ,長男元経(もとつね)とともに,吉川家と重縁関係にある毛利氏を尼子氏にむすびつけようとつとめた。享禄(きょうろく)4年4月18日死去。89歳。通称は次郎三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉川国経の関連キーワード中御門宣秀細川高国和田峠(長野県)足利義勝小倉宮金蔵主日野有光足利義勝日野有光震災遺児・孤児

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone