コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川国経 きっかわ くにつね

1件 の用語解説(吉川国経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川国経 きっかわ-くにつね

1443-1531 室町-戦国時代の武将。
嘉吉(かきつ)3年生まれ。吉川経基(つねもと)の長男。安芸(あき)(広島県)山県郡大朝(おおあさ)の国衆(くにしゅう)。永正(えいしょう)8年管領代大内義興(よしおき)の配下として船岡山の戦いにくわわる。のち出雲(いずも)守護代の尼子氏方に転じ,長男元経(もとつね)とともに,吉川家と重縁関係にある毛利氏を尼子氏にむすびつけようとつとめた。享禄(きょうろく)4年4月18日死去。89歳。通称は次郎三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉川国経の関連キーワード木幡雅遠激・戦国無双戦国無双KATANA小笠原長朝酒井隆敏千葉興常千葉胤資東常和松平乗元柳江