コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田一調 よしだ いっちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田一調 よしだ-いっちょう

1812-1881 江戸後期-明治時代の尺八奏者。
文化9年生まれ。もと幕臣。正田梅月,久松風陽師事。のち普化宗(ふけしゅう)の両本山(一月寺,鈴法寺)の尺八指南役となる。明治4年普化宗廃止に際し,政府に楽器としての尺八の存続をみとめさせ,その普及につとめた。明治14年8月9日死去。70歳。名は耕三。別号に清風軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田一調

没年:明治14.8.9(1881)
生年:文化9(1812)
江戸後期・明治期の琴古流尺八奏者。本名は耕三。清風軒とも称する。幕臣ながら幼時から尺八を好み,正田梅月,久松風陽に学ぶ。26歳で普化宗に入り,一月寺貫主一膓に師事,のち一月寺,鈴法寺の尺八指南番となる。明治4(1871)年の普化宗廃止に当たっては,久松門下の2代目荒木古童と共に,「楽器」としての尺八の存続に力を尽くした。書や文筆にも優れ,『道の記』(1837),『竹弟子の虚無僧に授け持たしめたる一書』(1838)など多くの手記を残している。<参考文献>栗原広太『尺八史考』(復刻,1975)

(瀬山徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしだいっちょう【吉田一調】

1812‐81(文化9‐明治14)
琴古流尺八家。本名耕三。別号清風軒。旗本の家に生まれ,少年期から尺八を好み,15歳で普化宗両本寺(一月寺,鈴法寺)の吹合(ふきあわせ)(尺八指南役)の正田梅月に入門。18歳からは当時の琴古流の代表的存在だった久松風陽(1791?‐1871?)に師事して腕を上げ,のち両本寺の吹合になり,〈東武尺八長者〉と呼ばれる名手となった。師の風陽は琴古流の後事を一調と弟弟子の2世荒木古童の両名に託して没したといわれるが,1871年(明治4)普化宗が廃止され,併せて尺八吹奏も禁止されかねない状況にいたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉田一調の関連キーワード荒木 古童(初代)荒木古童(2代)荒木古童(2世)荒木古童(初代)彭城 貞徳明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android