荒木古童(読み)アラキコドウ

百科事典マイペディアの解説

荒木古童【あらきこどう】

琴古流(きんこりゅう)尺八家の芸名。初世〔1823-1908〕は幼少より尺八を学び,虚無僧修行中に豊田古童に師事し,1871年普化宗(ふけしゅう)廃止後も尺八の普及につとめ,琴古流尺八中興の祖といわれる。三曲に適合するよう尺八を改良した人としても有名。以後実子継承を続けて現在まで4世ある。ただし豊田古童を初代として数えるために,代数としては五代と称する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あらきこどう【荒木古童】

琴古流尺八家の芸名。初世は豊田古童。2世は,姓は継がず名のみ継いで荒木姓に変わり,以後代々実子が襲名して現在5世に至る。2世が最も有名。(1)初世(?‐1851(嘉永4)) 旗本の出身。本名豊田勝五郎。一閑流(化政期~明治期の琴古流の支流)の山田如童の高弟。(2)2世(1823‐1908∥文政6‐明治41) 近江の水口藩士荒木亀三郎の三男。本名は半三郎。幼年から尺八を好み,14歳で一閑流の横田五柳に師事し,主に外曲を学ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あらきこどう【荒木古童】

琴古流尺八名家の芸名。初世~三世。豊田古童のあとを継いだ初世(古童としては二世1823~1908)が有名。尺八の孔割を改め、歌口を改良した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒木古童
あらきこどう

琴古(きんこ)流尺八家の芸名。現在まで5世を数える。初世古童(?―1851)は本名豊田勝五郎で、2世以降荒木古童となる。2世(1823―1908)は本名荒木半三郎、水口藩士荒木亀三郎の三男。幼少より尺八を好み、14歳で横田五柳に入門、外曲(がいきょく)を学ぶ。その後、虚無僧(こむそう)修行中に初世古童と巡り会い、門弟となって、師の没後2世を継ぐ。さらに久松風陽(ふうよう)に本曲(ほんきょく)を学び、梅旭(ばいきょく)と号した。明治初めの普化宗(ふけしゅう)廃止(1871)にあたり、尺八復興に努力、琴古流中興の祖とよばれる。尺八の指孔位置や歌口(うたぐち)を改良して、三曲尺八(外曲)の普及に努めた。1896年(明治29)長男真之助に3世古童(1879―1935)の名を譲り、竹翁(ちくおう)と改める。以後実子継承で、4世(1902―1943)、5世(1938― )に至る。[月溪恒子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の荒木古童の言及

【尺八】より

…その中では,幕末の大坂で外曲(三曲合奏)を主として活躍した近藤宗悦(そうえつ)の宗悦流(現存しない),京都明暗(みようあん)寺の明暗真法(みようあんじんぽう)流,浜松普大寺系統の西園(せいえん)流,弘前の津軽藩士のたしなみとなった錦風(きんぷう)流(根笹(ねざさ)派とも)などがよく知られる。普化宗は1871年(明治4)に維新政府の命令で廃止され,尺八も存亡の危機に面したが,荒木古童など当時の琴古流の指導者の尽力により普化宗を離れた楽器としての存続が認められ,以来,琴古流では本曲よりも外曲に力を注ぐようになり,東京を中心としつつ全国的に普及していく。一方,関西では宗悦流の影響が強く,早くから外曲が盛んだったが,その中から初世中尾都山(とざん)が大阪で1896年に都山流を創始する。…

※「荒木古童」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android