吉田冠蔵(2代)(読み)よしだ かんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田冠蔵(2代) よしだ-かんぞう

?-1843 江戸時代後期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
初代吉田冠蔵の子。天明のころから出座し,寛政のはじめに冠三と名のり,文化2年立者(たてもの)となり冠四と改名。文政12年2代冠蔵を襲名した。大坂で活躍。天保(てんぽう)14年死去。初名は吉田善太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android