コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田文之 よしだ ふみゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田文之 よしだ-ふみゆき

1915-2004 昭和-平成時代の象牙工芸家。
大正4年4月23日生まれ。父立斎(りっさい)に象牙の表面を染め,撥(は)ね彫りで文様をほる撥鏤(ばちる)の技法をまなぶ。昭和9年商工省工芸展で受賞し,戦後は日本伝統工芸展などで活躍。正倉院宝物(紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく))の復元につくし,染色でもぼかしなどの技法を開発した。60年撥鏤で人間国宝。平成16年12月19日死去。89歳。奈良県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉田文之の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門ICタグ高校野球スマトラ島沖地震・津波イメルダ スタウントン