コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田義男 ヨシダヨシオ

3件 の用語解説(吉田義男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐よしお〔‐よしを〕【吉田義男】

[1933~ ]プロ野球選手・監督。京都の生まれ。昭和28年(1953)阪神に入団、遊撃手として活躍。ベストナインに9回選出された。のち同球団の監督に就任し、同60年にはチームを21年ぶりのリーグ優勝、初の日本一に導いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田義男 よしだ-よしお

1933- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和8年7月26日生まれ。昭和28年阪神に入団。小柄ながらシュアな打撃,華麗な遊撃守備で,牛若丸とよばれた。実働17年,盗塁王2回,通算1864安打,2割6分7厘。50-52年阪神監督。60年阪神監督に復帰し,日本一を達成。62年からフランスで野球指導。平成9-10年阪神監督。4年野球殿堂入り。京都出身。立命館大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田義男
よしだよしお
(1933― )

プロ野球選手(内野手:右投右打)、監督。7月26日、京都府生まれ。山城高から立命館大学に進学するが、中退して1953年(昭和28)に大阪タイガース(現、阪神タイガース)に入団、学生時代から評判の高かった守備で1年目から正遊撃手となった。八艘(はっそう)飛びを思わせる軽快な身のこなしで「今牛若丸」とよばれ、「捕球する前にもう投げている」といわれたほどのすばやいスローイングでファンをうならせた。ベストナインに選出されること9回、これは遊撃手のプロ野球記録(2015年時点)であり、吉田のところへ打球が飛んだだけでスタンドが沸いた。打撃は粘り強さが身上で、三振が少なく、1954年の30個が最多で、通算6980打数に対して325三振しかしなかった。1954年と1956年には盗塁王も獲得している。1969年で現役を引退。その背番号23は阪神の永久欠番。1975年から1977年、1985年から1987年、1997年(平成9)から1998年と三度にわたり阪神の監督を務めた。1985年には真弓明信(まゆみあきのぶ)、ランディー・バース、掛布雅之(かけふまさゆき)、岡田彰布(あきのぶ)の4人がホームラン30本以上を打つという強力打線で21年ぶりのリーグ優勝、西武ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)との日本シリーズも制して日本一となった。なお、1990年にはフランス代表チームの監督を務めた。[出村義和]
 選手としての17年間の通算成績は、出場試合2007、安打1864、打率2割6分7厘、本塁打66、打点434、盗塁350。獲得したおもなタイトルは、盗塁王2回、ベストナイン9回。監督としての通算成績(8年)は、1051試合、484勝511敗56分け、勝率4割8分6厘、リーグ優勝1回、日本シリーズ優勝1回。1992年(平成4)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『川上貴光著『“ムッシュ”になった男――吉田義男パリの1500日』(1997・文芸春秋) ▽吉田義男著『海を渡った牛若丸』(1994・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田義男の関連キーワード金田正一関根潤三中西太森祇晶山田久志若松勉駒田徳広佐々木信也立浪和義根来泰周

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田義男の関連情報