コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田耕造 よしだ こうぞう

2件 の用語解説(吉田耕造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田耕造 よしだ-こうぞう

1922-1978 昭和時代の海洋物理学者。
大正11年1月17日生まれ。カリフォルニア大スクリップス海洋研究所などで研究ののち,昭和36年東大教授となる。赤道海域の海流系や湧昇(ゆうしょう)流などの研究で世界的に知られた。昭和53年1月28日死去。56歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「海の波」,「黒潮」(共著)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田耕造
よしだこうぞう
(1922―1978)

海洋物理学者。大阪府に生まれる。1944年(昭和19)東京大学理学部地球物理学科卒業。日高孝次(こうじ)のもとや、カリフォルニア大学スクリップス海洋研究所にあって海洋物理学の理論的研究に従事する。1961年(昭和36)東京大学教授。波浪、赤道海域における海流系や湧昇流(ゆうしょうりゅう)、北太平洋亜熱帯反流などの研究に卓抜した業績を残した。日本の海洋学の進むべき方向づけを広い国際的視野をもって行い、また多くの弟子を養成した。1968年には日本海洋学賞を受賞。アメリカの海洋物理学者ストンメルとはよき友人で共編の書『黒潮』Kuroshio, its physical aspects(1972・東京大学出版会)もあり、ともに世界的な海洋物理学の指導者である。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田耕造の関連キーワード海洋物理学エクマン流NIO小倉伸吉須田皖次富山小太郎速水頌一郎日高孝次渡瀬譲国際海洋物理科学協会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone