コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田耕造 よしだ こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田耕造 よしだ-こうぞう

1922-1978 昭和時代の海洋物理学者。
大正11年1月17日生まれ。カリフォルニア大スクリップス海洋研究所などで研究ののち,昭和36年東大教授となる。赤道海域の海流系湧昇(ゆうしょう)流などの研究で世界的に知られた。昭和53年1月28日死去。56歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「海の波」,「黒潮」(共著)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田耕造
よしだこうぞう
(1922―1978)

海洋物理学者。大阪府に生まれる。1944年(昭和19)東京大学理学部地球物理学科卒業。日高孝次(こうじ)のもとや、カリフォルニア大学スクリップス海洋研究所にあって海洋物理学の理論的研究に従事する。1961年(昭和36)東京大学教授。波浪、赤道海域における海流系や湧昇流(ゆうしょうりゅう)、北太平洋亜熱帯反流などの研究に卓抜した業績を残した。日本の海洋学の進むべき方向づけを広い国際的視野をもって行い、また多くの弟子を養成した。1968年には日本海洋学賞を受賞。アメリカの海洋物理学者ストンメルとはよき友人で共編の書『黒潮』Kuroshio, its physical aspects(1972・東京大学出版会)もあり、ともに世界的な海洋物理学の指導者である。[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉田耕造の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android