コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高孝次 ひだか こうじ

2件 の用語解説(日高孝次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日高孝次 ひだか-こうじ

1903-1984 昭和時代の海洋物理学者。
明治36年11月4日生まれ。昭和17年東京帝大教授。東大海洋研究所の設立につとめ,37年初代所長となる。日本海洋学会会長。昭和9年学士院東宮御成婚記念賞。男女交際の「日高パーティー」の主宰者として知られた。昭和59年8月15日死去。80歳。宮崎県出身。東京帝大卒。著作に「海流」「海洋学との四十年」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日高孝次
ひだかこうじ
(1903―1984)

海洋物理学者。宮崎県広瀬村(現、宮崎市)に生まれる。1926年(大正15)東京帝国大学理学部物理学科を卒業、ただちに中央気象台(現、気象庁)に入り、翌年海洋気象台(現、神戸海洋気象台)に転じ、春風(しゅんぷう)丸(初代)による日本近海の近代的な海洋観測と、理論的研究に従事した。1934年(昭和9)帝国学士院(現、日本学士院)から、「湖沼の振動及び海流に関する海洋物理学的研究」によって東宮御成婚記念賞を受賞した。1942年東京帝国大学教授となり、前年創設された地球物理学教室で第一講座(海洋物理学)を担当した。その間、中央気象台海洋課長なども務め、さらに東京大学海洋研究所初代所長(1962)、東海大学教授を歴任した。海洋物理学とくに海流理論、風成海洋循環理論、湖水の振動(セイシュ)について百数十もの論文がある。学術の国際交流にも努力し、海外の多くの大学の交換教授、国際会議の代表になり、日本の海洋学の国際的な地位向上に尽力した。宇田道隆(うだみちたか)、岡田光世(おかだみつよ)、三宅泰雄(みやけやすお)(1908―1990)らと図り1941年日本海洋学会を設立、会長(1948~1967)となった。海外からの受賞も1966年(昭和41)の「モナコ大公アルベール1世記念メダル」をはじめ数多い。若い海洋学者の育成にあたる一方、若い男女の健全な交際を目的とし、1946年ごろより妻の艶子(つやこ)とともにいわゆる「日高パーティー」を主宰し、1978年の解散まで多くの良縁を結実させたのはよく知られている。主著に『海流』(1955)、『海洋学との四十年』(1968)、『海流の話』(1983)などがある。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日高孝次の関連キーワード海洋物理学エクマン流NIO小倉伸吉須田皖次富山小太郎友近晋速水頌一郎吉田耕造国際海洋物理科学協会

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日高孝次の関連情報