コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良氏朝 きら うじとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良氏朝 きら-うじとも

1543-1603 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)12年生まれ。吉良頼康(よりやす)の養子。永禄(えいろく)3年武蔵(むさし)世田谷城(東京都)をつぎ,北条氏康(うじやす)の娘と結婚。天正(てんしょう)18年豊臣秀吉の小田原攻めに際し上総(かずさ)(千葉県)にのがれ,関東に入国した徳川家康につかえて世田谷に1120石をあたえられたが,のち返上した。慶長8年9月6日死去。61歳。本姓は今川。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉良氏朝の関連キーワードエリザベス(1世)イギリス史(年表)コペルニクス鉄砲伝来戦国時代(日本)鉄炮記伊木忠次徳川家康紫柏真可真可

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android