コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉識雅夫 よしきまさお

2件 の用語解説(吉識雅夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉識雅夫
よしきまさお

[生]1908.1.20. 兵庫
[没]1993.6.27. 東京
造船工学研究者。 1930年東京大学工学部卒業,同学部講師を経て 44年同教授,同工学部長を歴任,82年から東京理科大学学長。朝鮮戦争を契機に連合国総司令部 GHQの強いた造船制限が撤廃されたのをきっかけに前近代的な造船技術から脱皮する方向を模索,あらかじめ部材を組合せ,溶接して造っておいたブロックを積重ねて合体する「ブロック建造法」を開発。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉識雅夫 よしき-まさお

1908-1993 昭和時代の船舶工学者。
明治41年1月20日生まれ。昭和19年母校東京帝大の教授となり,37年工学部長。退官後,日本学術振興会理事長などを歴任し,57年東京理大学長。大型船のブロック建造法を確立,また鋼板の脆性(ぜいせい)破壊の機構を解明するための二重引張試験法を開発した。41年学士院賞。57年文化勲章。平成5年6月27日死去。85歳。兵庫県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉識雅夫の関連キーワード階乗数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学Nエヌ没・歿勃・歿・没Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone