コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉首 きつしゅ

2件 の用語解説(吉首の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

吉首【きつしゅ】

中国,湖南省西部の都市。武水上流にあり,焦柳鉄路(焦作〜柳州)が通る。湘西トゥチャ(土家)族ミヤオ(苗)族自治州の州都。漢族のほか,ミヤオ族トゥチャ族回族などが住んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉首
きっしゅ / チーショウ

中国、湖南(こなん)省湘西(しょうせい)トゥチャ族(土家族)ミャオ族(苗(びょう)族)自治州にある県級市。同自治州政府所在地。人口31万(2014)。(げんこう)の支流武水上流にあり、焦柳線(焦作(しょうさく)―柳州(りゅうしゅう))に沿う。漢代の五渓蛮(ごけいばん)とよばれる民族の住地とされる。唐代には錦州に属したが、のちふたたびミャオ族のうち紅苗の拠点になった。明(みん)代に乾州哨(しょう)が設置され、清(しん)代に乾州直隷庁となり、紅苗115寨(さい)を管轄した。辛亥(しんがい)革命後乾県と改名、1914年乾城県、1953年吉首県と改称、1982年吉首市となった。
 米、トウモロコシ、サツマイモを主作物とする山村で、桐油(きりゆ)、椿油(つばきあぶら)、柑橘(かんきつ)類、用材、薬草類(五倍子(ごばいし)、付子(ふし)など)の林産物が多い。鉱物資源が豊富であり、マンガンの埋蔵量は国内有数である。[河野通博・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone