同じ穴の狢(読み)オナジアナノムジナ

デジタル大辞泉 「同じ穴の狢」の意味・読み・例文・類語

おなあなむじな

一見関係がないようでも実は同類仲間であることのたとえ。多く悪事を働く者についていう。同じ穴のたぬききつね)。一つ穴のむじな。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典 「同じ穴の狢」の解説

同じ穴の狢

同じ穴に棲む狢。一見別なように見えても、実は同類であることのたとえ。基本的に否定的な意味で使う。

[使用例] 叔父さんとポローニヤスは、はじめから同じ穴の狢だったのさ。どうして僕は、こんなわかり切ったことに気がつかなかったのだろう[太宰治*新ハムレット|1941]

[解説] 「狢」は広く東国で狸のことをいいます。古くは「同じ穴の狐」の形が多く、近代になると「狢」の用例が多くなります。

〔異形〕同じ穴の狐

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android