同じ穴の狢(読み)おなじあなのむじな

ことわざを知る辞典「同じ穴の狢」の解説

同じ穴の狢

同じに棲む。一見別なように見えても、実は同類であることのたとえ。基本的に否定的な意味で使う。

[使用例] 叔父さんとポローニヤスは、はじめから同じ穴の狢だったのさ。どうして僕は、こんなわかり切ったことに気がつかなかったのだろう[太宰治*新ハムレット|1941]

[解説] 「狢」は広く東国で狸のことをいいます。古くは「同じ穴の」の形が多く、近代になると「狢」の用例が多くなります。

〔異形〕同じ穴の狐

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「同じ穴の狢」の解説

おなあなむじな

一見関係がないようでも実は同類・仲間であることのたとえ。多くは悪事を働くについていう。同じ穴のたぬききつね)。一つ穴のむじな。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android