コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名取春仙 なとり しゅんせん

美術人名辞典の解説

名取春仙

日本画家。通称は芳之助。久保田金僊・綾岡有真に学ぶ。『東京朝日』『万朝報』に勤める。昭和35年(1960)歿、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名取春仙 なとり-しゅんせん

1886-1960 明治-昭和時代の挿絵画家。
明治19年2月7日生まれ。久保田米僊(べいせん)に師事する。明治40年東京朝日新聞社にはいり,夏目漱石(そうせき)の「虞美人草(ぐびじんそう)」「三四郎」などの挿絵をえがく。ほかに森田草平の「煤煙」,長塚節(たかし)の「土」などの挿絵で知られる。昭和35年3月30日死去。74歳。山梨県出身。本名は芳之助。別号に春僊(しゅんせん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

名取春仙の関連キーワード南アルプス市立春仙美術館川口春波

名取春仙の関連情報