コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名詮自性 ミョウセンジショウ

デジタル大辞泉の解説

みょうせん‐じしょう〔ミヤウセンジシヤウ〕【名詮自性】

仏語。名がそのものの性質を表していること。

めいせん‐じしょう〔‐ジシヤウ〕【名詮自性】

みょうせんじしょう(名詮自性)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうせんじしょう【名詮自性】

〘仏〙 名はその物の性質をおのずから表すということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の名詮自性の言及

【日本料理】より

… こうした命名法とは別に,名詮(みようせん)と呼ぶことが行われた。〈打鮑(うちあわび)を打ちと取り,熨蚫(のしあわび)を伸しと取り,かち栗を勝ととり,昆布をヒロメともヨロコブとも取り,橙(だいだい)を代々と取り,ゆづりはを譲りと取りて祝とする類を名詮と云ふなり〉と伊勢貞丈がいっているようなことで,仏語の名詮自性(じしよう)の略だという。名は体を表すというか,良い名は福を,悪い名は災いを招くとする信仰である。…

※「名詮自性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

名詮自性の関連キーワード仏語

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android