コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸水性高分子 キュウスイセイコウブンシ

2件 の用語解説(吸水性高分子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅうすいせい‐こうぶんし〔キフスイセイカウブンシ〕【吸水性高分子】

吸水性にすぐれ、多量の水分を保持することができる高分子の総称。高分子が形作る網目構造の中に多数の水分子を取り込んでゲル状にする性質をもつ。自重の100倍から1000倍の水を吸収することができ、また圧力をかけても離水しにくい。紙おむつ生理用品などの吸水材として広く用いられる。代表的な高分子としてポリアクリル酸ナトリウムがある。高吸水性高分子吸水性ポリマー吸収性樹脂高分子吸収体。SAP(サップ)(superabsorbent polymer)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吸水性高分子【きゅうすいせいこうぶんし】

大量の水を吸収できる高分子。一般に,高分子電解質がごく一部分だけ架橋した構造をもち,大量の水を吸い込んで,膨潤したゲルとなる。その際に吸収する水の量は,自重の数百倍から1000倍ほどにもなる。
→関連項目機能性高分子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

吸水性高分子の関連キーワードキープ蛭石マンガン鋼自尊七等多肉葉NMF細胞外水分品質保持剤保香性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吸水性高分子の関連情報