コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高分子電解質 こうぶんしでんかいしつpolyelectrolyte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高分子電解質
こうぶんしでんかいしつ
polyelectrolyte

高分子鎖中に解離基をもち,水中で解離して高分子イオンとなるもの。天然にあるアルギン酸蛋白質はその例である。合成的にもつくられており,ポリアクリル酸などが知られている。電気的性質低分子化合物と非常に異なっており,水に溶けないように処理して,イオン交換樹脂,イオン交換膜などとして用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうぶんし‐でんかいしつ〔カウブンシ‐〕【高分子電解質】

電解質の性質をあわせもつ高分子。高分子凝集剤として利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

高分子電解質の関連キーワードティセリウスの電気泳動装置直接メタノール形燃料電池リチウムイオン電池メカノケミカル材料固体電解質電池ドナンの膜平衡アクリル樹脂リチウム電池吸水性高分子香川 毓美コロイド香川毓美フミン酸燃料電池膜平衡永沢満

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android