吹奏楽団(読み)スイソウガクダン

百科事典マイペディアの解説

吹奏楽団【すいそうがくだん】

管楽器を主体にした規模の大きい合奏団。トルコの〈軍楽〉が起源で,西洋でも軍楽として発展した。初めはラッパと太鼓のみであったが,18世紀に木管楽器,19世紀にサクソフォーンが加わり,管弦楽団に相当する音域をもつようになった。ブラス・バンドbrass bandともいうが,これは欧米では木管楽器を含まないものをさす。→軍楽隊スーザ
→関連項目行進曲スーザフォーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいそうがくだん【吹奏楽団】

管楽器・打楽器から成る楽団。多く行進曲などを奏する。ブラス-バンド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の吹奏楽団の言及

【吹奏楽】より

…一方,イギリスに発生したブラス・バンドbrass band(金管バンド)はサクソルン族を中心とした金管楽器と打楽器でパイプ・オルガンのような美しい響きをねらったバンドである。吹奏楽はドイツ語のBlasmusikの訳で日本で〈吹奏楽団〉のことをブラスバンドと呼ぶのはこの転用といわれる。しかし最近は,前述の金管バンドとの混同を避けるために,この呼び名は使われなくなってきた。…

【バンド】より

…ブラス・バンドは金管合奏(打楽器を含む)の意味である。ミリタリー・バンドは軍楽隊を意味すると同時に,ブラス・バンドに木管楽器を加えた編成,すなわち吹奏楽団を意味した。今日では吹奏楽団(吹奏楽)は単にバンド,あるいはウィンド・バンドwind bandと呼ぶ。…

※「吹奏楽団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吹奏楽団の関連情報