コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍楽 ぐんがくmilitary music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍楽
ぐんがく
military music

軍隊で士気の鼓舞や式典のために演奏される音楽。起源は古く,前6世紀頃にギリシア軍が突撃の際,勇壮な軍楽を演奏して兵士の士気を鼓舞したといわれる。近世に入ると次第に儀礼,観閲式,または慰安に使われるようになった。行進曲はその代表的なもの。楽団の編成管楽器を中心に打楽器を加え,民俗楽器や弦楽器を用いることもある。近世の吹奏楽による軍楽隊は,フランス王ルイ 14世が 17世紀中期に,J.リュリに創設させたのが初期の例。日本では明治2 (1869) 年に,薩摩藩が横浜に藩士 30人を送ってイギリス人から軍楽の伝習を受けたのが初めである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐん‐がく【軍楽】

軍隊で、士気を奮いたたせるためや式典などで奏される音楽。管楽器に打楽器を加えた編成のものが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんがく【軍楽】

軍隊の士気をふるいたたせるために演奏する音楽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軍楽の関連キーワードジョン・フィリップ スーザフランツ エッケルトイギリス民謡組曲シンフォニエッタ早川 弥左衛門山国(京都府)マルティーニ瀬戸口 藤吉ヒンデミットサイドドラムホルン信号永井 建子エッケルト軍艦マーチ松本 秀喜ナッカーラフェントン中村 祐庸ナフィールトルコ音楽

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍楽の関連情報