コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂布 りょふ

3件 の用語解説(呂布の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

りょふ【呂布】

?~198) 後漢末の武将。字は奉先。武勇の名高く弓馬に秀でたが、叛服常無く群雄の間を渡り歩いて、最後は曹操軍に捕らえられ殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りょふ【呂布 Lǚ Bù】

?‐198
中国,後漢末の武将。字は奉先。九原(内モンゴル自治区五原県)の人。弓馬にすぐれ,剛勇をもって知られる。はじめ幷州刺史丁原に仕え,丁原が董卓に敗れると丁原を殺して董卓の腹心となった。しかしやがて董卓と不和となり,192年(初平3)に董卓を殺して一時は朝政に参与したが,董卓の部将李傕(りかく)に攻められて長安を追われ,袁術,袁紹,劉備らにたよろうとするも彼が叛服常なく,その軍隊が横暴なことから嫌われ,ついに劉備の軍に捕らえられて殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呂布
りょふ
(?―198)

中国、後漢(ごかん)末の武将。字(あざな)は奉先(ほうせん)。五原(ごげん)郡九原(きゅうげん)県(内モンゴル自治区パオトウ市の西)の人。「飛将(ひしょう)」とよばれ、「人中(じんちゅう)に呂布あり、馬中(ばちゅう)に赤兎(せきと)あり」(「赤兎」は呂布が乗っていた馬の名)と称された、三国時代最強といわれる武将である。しかし、その個人的武力が卓越していたわりには、群雄の一人として根拠地を維持し、兵を養っていく能力には欠けていた。丁原(ていげん)に従い上洛(じょうらく)したが、董卓(とうたく)に籠絡(ろうらく)されて丁原を斬(き)り、さらに、董卓の侍女との関係が発覚するのを恐れ、王允(おういん)の董卓暗殺計画にのる。董卓を殺害した後、王允とともに国政を掌握したが、その政治は2か月と続かなかった。王允と呂布が董卓の率いた涼州兵(りょうしゅうへい)を許さなかったので、李(りかく)と郭(かくし)が糾合した涼州兵に敗れたのである。その後も裏切りと放浪を繰り返し、最後には下(かひ)で曹操(そうそう)に殺された。『三国志演義』では、董卓の侍女が、王允の歌伎(かぎ)である貂蝉(ちょうせん)と創作され、王允が呂布に側室とすると約束した貂蝉を董卓に献上し、2人の仲を割いて呂布に董卓を暗殺させる、という「美女連環(れんかん)の計」が展開される。[渡邉義浩]
『渡邉義浩著『「三国志」武将34選』(PHP文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呂布の関連キーワード袁紹後漢釈名曹操孫堅張角張陵魏晋南北朝時代通俗三国志曹操(155~220)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呂布の関連情報