籠絡(読み)ロウラク

デジタル大辞泉の解説

ろう‐らく【籠絡】

[名](スル)巧みに手なずけて、自分の思いどおりに操ること。「甘い言葉で籠絡する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ろう‐らく【籠絡】

〘名〙 人をうまくまるめこんで、思い通りにあやつること。巧みに言いくるめること。
※若木集(1377頃)寿春谷遊嶽回郷省師親「凌雲志気難籠絡、踏徧天涯并地角
※一種の攘夷思想(1892)〈北村透谷〉「高言壮語を以て一世を絡するを」 〔宋史‐胡安伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

籠絡の関連情報