(読み)ていする

精選版 日本国語大辞典「呈」の解説

てい‐・する【呈】

〘他サ変〙 てい・す 〘他サ変〙
① さしだす。進呈する。贈る。奉る。
江談抄(1111頃)四「臨別呈詩」
※中華若木詩抄(1520頃)下「字もあらばこそ見わけても、つかはすべけれ、字もなければ、誰にも呈し得ぬ也」
② ある状態を表わす。示す。表示する。
※両足院本山谷抄(1500頃)六「此春始に東君が最上瑞を呈したぞ」
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一一「おい有望有望と韋駄天の様な顔は急に活気を呈した」

てい‐・す【呈】

〘他サ変〙 ⇒ていする(呈)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android