露呈(読み)ろてい

精選版 日本国語大辞典「露呈」の解説

ろ‐てい【露呈】

〙 隠れているもの、にあるものをにあらわしだすこと。また、あらわれでること。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「面白からぬ所あるをするに立到った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「露呈」の解説

ろ‐てい【露呈】

[名](スル)隠れていた事柄が表面に現れ出ること。また、さらけ出すこと。「矛盾が露呈する」「本性を露呈する」
[類語]ばれる露見発覚表立つ暴露現れる足が付く馬脚をあらわす尻尾を出す尻が割れるめっきが剝げるぼろを出す化けの皮をあらわす化けの皮を剝がす地金を出す漏洩ろうえい漏れる漏洩ろうせつ筒抜け・漏れ出る・漏らす漏出リークばらす暴くすっぱ抜くさらけ出す・暴き出す・暴き立てる白日の下に晒す発表公表披露公開露出裸出丸出しむき出しあらわあからさま露骨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android