コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉昌征 ゴショウセイ

3件 の用語解説(呉昌征の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐しょうせい〔‐シヤウセイ〕【呉昌征】

[1916~1987]プロ野球選手。台湾の生まれ。旧名、呉波(ごは)。のち日本に帰化、石井昌征(まさゆき)と改名。昭和12年(1937)巨人に入団。阪神・毎日(千葉ロッテの前身)にも在籍し、20年にわたり活躍。首位打者を二度獲得したほか、投手としてもノーヒットノーランを記録した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉昌征 ご-しょうせい

1916-1987 昭和時代のプロ野球選手。
大正5年6月28日生まれ。台湾の嘉義農林の選手として甲子園に出場。昭和12年巨人に入団。好打の外野手として活躍し,17,18年連続首位打者となる。19年阪神にうつり,盗塁王。投手も兼任し,21年ノーヒットノーラン。25年毎日にうつり,16試合連続得点。実働20年,通算打率2割7分2厘。のち日本国籍を取得。昭和62年6月7日死去。70歳。平成7年野球殿堂入り。前名は呉波。本名は石井昌征(まさゆき)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉昌征
ごしょうせい
(1916―1987)

プロ野球選手(外野手:左投左打)。6月23日、台湾生まれ。旧名は呉波(ごは)、のち呉昌征(まさゆき)と改名したが音読「ごしょうせい」で知られる。嘉義(かぎ/チヤイー)農林時代には、春夏合計で4回甲子園に出場、俊足の外野手として強烈な印象を残した。1937年(昭和12)東京巨人(現、読売ジャイアンツ)へ入団。1942年と1943年は連続首位打者に輝き、1943年は最高殊勲選手(現、最優秀選手)にも選ばれたが、打率は両年ともに低水準で、1942年の2割8分6厘は首位打者における最低記録、1943年の3割0分0厘も同ワースト2位である。1944年大阪タイガース(現、阪神タイガース)に移籍して盗塁王となるが、翌1945年は戦争のためプロ野球休止となった。終戦後は選手不足という背景もあって、1946年には投手としても大活躍、強肩を生かして14勝をあげ、ノーヒットノーランまで達成した。1950年からは、2リーグ分立で創設されたばかりの毎日オリオンズ(現、千葉ロッテマリーンズ)に移って優勝、史上初の日本シリーズでも勝利に貢献して日本一となった。1957年で引退したが、実働20年は史上初の快挙であった。通算81三塁打は歴代6位タイ。俊足巧打のリードオフマンとして活躍、「人間機関車」の異名をとった。[出村義和]
 実働20年間の打者としての通算成績は、出場試合1700、安打1326、打率2割7分2厘、本塁打21、打点389、盗塁381。獲得したおもなタイトルは、首位打者2回、盗塁王1回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)1回。投手としての通算成績は、登板試合31、投球回199、15勝7敗、防御率3.48、奪三振66、完投17、完封2。1995年(平成7)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉昌征の関連キーワード大下弘日本プロ野球選手会池田豊苅田久徳河野安通志坪内道典浜崎真二若林忠志プロ野球チップス佐々木信也

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呉昌征の関連情報