呑龍(読み)どんりゅう

精選版 日本国語大辞典「呑龍」の解説

どんりゅう【呑龍】

江戸初期の浄土宗の僧。号は源蓮社然誉大阿。通称「子育て呑龍」。武蔵国(埼玉県)岩槻の人。林西寺・増上寺に学び郷里の林西寺に長く住持した。慶長一八年(一六一三)徳川家康に招かれて上野国(群馬県)太田の大光院を開山。当地の堕胎の風潮を嘆いて赤子を育て、多くの人々に尊崇されたという。弘治二~元和九年(一五五六‐一六二三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「呑龍」の解説

呑龍
どんりゅう

[生]弘治2(1556)
[没]元和9(1623)
安土・桃山~江戸時代初期の浄土宗徳川家康知遇を受けて,上野太田大光院開祖となった。下野,太田地方の間引きの風習を悲しんで嬰児を育て,「子育て呑龍」といわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android