コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼吸興奮薬 こきゅうこうふんやく respiratory stimulant

2件 の用語解説(呼吸興奮薬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こきゅうこうふんやく【呼吸興奮薬 respiratory stimulant】

催眠薬その他の中枢神経抑制薬の過量使用による呼吸抑制や新生児仮死,疾病による肺の換気不全状態などの際に,呼吸機能を興奮させる目的で使われる薬物。中枢神経興奮薬のうちでも,延髄の呼吸中枢に対して比較的選択性の高い興奮薬として,ジモルホラミン,ジメフリン,ニケタミド,ドキサプラムなどがあり,中枢性呼吸興奮薬として使われる。一方,ロベリアの成分ロベリンは,頸動脈や大動脈にある化学受容器を刺激して反射性に呼吸興奮作用を現す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呼吸興奮薬
こきゅうこうふんやく

呼吸促進剤ともいい、延髄にある呼吸中枢を興奮させる薬剤。重症疾患や薬物中毒時、麻酔時などに生ずる呼吸抑制や麻痺(まひ)、新生児仮死の際などに呼吸を促進する目的で使用され、救急薬として重要な薬剤である。
 呼吸中枢は、血液中の二酸化炭素分圧の上昇、酸素分圧の低下、血液の水素イオン濃度(pH)の低下などによっても興奮する。また末梢(まっしょう)的に反射調節を受けており、頸動脈(けいどうみゃく)球や大動脈弓の化学受容体および頸動脈洞などの圧受容体を介して反射的に調節されている。直接呼吸中枢に作用するものとして、二酸化炭素、ジメフリン、ドキサプラム、ジモルフォラミン、オキソカンフル、ニケタミド、ブフォゲニン、アミノフィリンなどがあり、頸動脈洞を刺激して反射的に呼吸中枢を興奮させるものにロベリン、ニケタミド、鼻粘膜を刺激して反射的に興奮させるものとしてアンモニア水、アルコール性飲料、呼吸抑制剤に拮抗(きっこう)するものにレバロルファン、エドロホニウムがある。カフェインなどの中枢神経興奮薬もその作用を有している。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呼吸興奮薬の関連キーワードスコポラミン中枢神経系催眠薬集中神経系知覚神経中枢神経中枢中枢神経唾液分泌抑制薬中枢神経系 (central nervous system)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone