コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田小六 わだ ころく

2件 の用語解説(和田小六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田小六 わだ-ころく

1890-1952 大正-昭和時代の航空工学者。
明治23年8月5日生まれ。木戸孝允(たかよし)の孫。木戸孝正(たかまさ)の次男。和田昭允(あきよし)の父。大正13年東京帝大教授となる。昭和7年同大航空研究所所長。13年に世界最長距離飛行記録を達成した「航研機」の開発を指導した。17年技術院次長。19年東京工業大学長。日本航空学会会長。昭和27年6月11日死去。61歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田小六
わだころく
(1890―1952)

航空工学者。侯爵木戸孝正(たかまさ)(1857―1917)の次男として東京に生まれ、祖父孝允(たかよし)の実家和田家を相続した。1915年(大正4)東京帝国大学工科大学造船学科を卒業、同大学助教授となった。1920年欧米に留学、帰国して教授に就任し、のち航空研究所所長として航空工学の発展に尽くした。1938年(昭和13)に航空史上有名な連続周回飛行国際新記録を樹立した長距離機の研究試作(航研機)は、所長時代に指導したものである。1942年技術院創設とともに同次長となり、1944年から没年までは東京工業大学学長の職にあり、第二次世界大戦後の大学改革にも大きな役割を果たした。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田小六の関連キーワード木村秀政横田成年青木日出雄岩本周平河田三治工藤富治河野文彦近藤健男戸塚道太郎守屋富次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和田小六の関連情報