コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田精 わだ せい

2件 の用語解説(和田精の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田精 わだ-せい

1893-1970 大正-昭和時代の演出家。
明治26年1月15日生まれ。和田誠の父。大正13年築地小劇場の創立同人となる。日本の舞台照明音響効果分野における開拓者のひとり。昭和5年NHK大阪放送局にはいり,放送劇を演出する。のち毎日放送取締役。昭和45年4月11日死去。77歳。千葉県出身。東京高工(現東京工業大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田精
わだせい
(1893―1970)

演出家。千葉県佐倉に生まれる。東京高等工業学校(現東京工業大学)卒業。会社員を経て、1924年(大正13)築地(つきじ)小劇場創立同人として演出部に参加。ここで日本における舞台照明や舞台効果の分野を初めて確立した。その後松竹その他の劇場の舞台効果の仕事に携わる。30年(昭和5)NHK大阪放送局入社、44年退社。第二次世界大戦後は新日本放送嘱託となり、日本の放送界制作陣の第一人者であった。[大木 靖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の和田精の言及

【築地小劇場】より

…〈劇場は付属劇団を持つ〉という原則にのっとり,上記築地小劇場の付属劇団として小山内薫(おさないかおる)と土方与志を中心に,非商業主義と純芸術主義の旗を掲げて同じ1924年に発足した新劇団。新築の築地小劇場を本拠地に小山内,土方,汐見洋(しおみよう),友田恭助,和田精(せい),浅利(あさり)鶴雄が同人となり(1ヵ月後に青山杉作が加わる),第1回公演にはR.ゲーリングの表現主義劇《海戦》ほかを上演,観客に強い衝撃と新鮮な感動を与えた。〈演劇の実験室・新劇の常設館・民衆の芝居小屋〉を合言葉に,5年間に117編におよぶ内外戯曲を実験的・研究的に連続上演して,本格的な新劇運動を展開し,現代の新劇運動の原点となった。…

※「和田精」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

和田精の関連キーワード佐野碩内山惣十郎北村喜八黒須康之介佐々木孝丸下村正夫菅原卓園池公功中村俊一八田元夫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和田精の関連情報